MALTA SEKKEI 株式会社マルタ設計

Since 1960

Building Life Extension 建物の延命化について

建物の延命化について Building Life Extension

地球環境問題、省資源・省エネルギー問題、 景観保護等を重視する方向から建築物も「スクラップ&ビルド」というフロー型社会から、
高品質に維持し、有効活用することが重要なストック型社会への移行が求められています。

建物は竣工してから時間が経つにつれて、物理的、社会的、経済的の3つの寿命があり、性能や機能の低下や劣化が発生するのは避けられません。

これを改善するための手段としては、その都度に適切な改修工事を行い、維持保全を建物のライフサイクルとして考えことが必要です。

マルタ設計では、以前より建物を社会的共通資本と捉え、経年劣化により機能性や安全性の低下する建築物を多様な手段を駆使し再生することで
人々の豊かな暮らしや活発な産業活動を求めていく「再建築(Re-Architecture)」が、時代のニーズであると考えています。

建物の延命化(長寿命化)は、計画から工事監理(施工)、維持管理までの全体を通じて行われる必要があり、
1960年創業からのデータを活用し、全面的に取り組んでいます。

PAGE TOP