MALTA SEKKEI 株式会社マルタ設計

Since 1960

ABOUT US マルタ設計について

ビジョン VISION

マルタ設計は、1960年(昭和35年)の開設以来、
「誠実を基本として」「絶えざる技術の練磨を」「地域社会に奉仕する」
という一貫した姿勢で建築設計事業に取り組んでまいりました。

そこには戦災から街を興し建築を追及していくことで、わが国の活力を再生させたいという創業者丸田操の強い意志が表れています。

幸いなことに、わが国は昭和時代に目覚しい高度成長を遂げ、建築が社会に大きな役割を果たしてきましたが、平成時代には社会の成熟化が進み、環境や防災など新たな視点の中で建築の耐用年数もクローズアップされ、建築物はより社会性を備え長寿命化を目指す時代に変化してきています。

本来、建築物は多くの人々に利用され、社会活動の拠点でもあるため、世代を超えて長期間存続するものが、消費財と同様に捉えられ、社会資源であるとの発想は希薄で短命が半ば常態化していました。

マルタ設計では、以前より建築物を社会的共通資本と捉え、経年劣化により機能性や安全性の低下する建築物を多様な手段を駆使し再生することで人々の豊かな暮らしや活発な産業活動を求めていく「再建築(Re-Architecture)」が、時代のニーズであると考えています。

マルタ設計は、これからもお客様から寄せられる建築ニーズに誠実に応え、再建築(Re-Architecture)を志向する建築設計コンサルティング・ファームとして総合的な質の高いサービスを提供していきます。

PAGE TOP